オメガ3系のオイル

Facebook にシェア

積極的に摂取したい! オメガ3系(α-リノレン酸)のオイル

体内で作れない必須脂肪酸。体内酵素でEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に変換され、血中の中性脂肪を抑制し、血栓を予防します。細胞膜を形成するリン脂質の成分。がんや高血圧、アレルギーを予防する効果もあり、現代人が積極的に摂るべき脂肪酸です。

◆カメリナオイル
(正式にはオメガ9系オイルです)

オメガ9系の脂肪酸が多いオイルですが、脂肪酸単体ではα-リノレン酸を高含有しているので、oil&beyondでは、オメガ3系オイルとしてご紹介させていただきます。

「ぺんぺん草」で知られるアマナズナの種子から搾油。オメガ9系のオイルなのでトコフェロールとβ-カロチンが豊富で抗酸化力も高い!それにより、短時間の加熱が可能な嬉しいオイルです。植物には珍しいイコセン酸を高含有しているので、脂質異常症の代謝を改善し、動脈硬化や認知症予防にも期待できます。天然の乳化剤、レシチンも豊富なのでビネガーと卵で美味しいマヨネーズも作れます。特有のねぎの様な香味を感じるオイルなので、和食にとてもよく合います。お料理の最後にオイルプラスするとコクと深みが増して更に美味しくなること間違いなしです。

WEB SHOP: カメリナオイル

◆エゴマオイル

日本に古くから重宝されてきた国産のオイルです。シソ科のエゴマの種子から搾油。α-リノレン酸を多く含む代表的なオイルです。血管に働きかけ、動脈硬化や心筋梗塞・脳素中などの生活習慣病の予防が期待できます。α-リノレン酸は最終的に体内でプロスタグランジンというホルモン様の物質に変化します。アレルギー反応を抑制し、血圧低下作用、筋肉の収縮、血管拡張作用などの役割があり、女性の場合は生理周期に合わせて分泌されます。他のオメガ3系オイルとの違いはポリフェノールの一種のロズマリン酸とルテオリン。
どちらもアレルギーを抑制する効果を持っているので、花粉症に悩まれている方には嬉しいオイルとなります。
毎日召し上がるお味噌汁や・手軽な冷奴など続けるスタイルを見つけて見てください。

WEB SHOP: エゴマオイル

◆亜麻仁(フラックスシード)オイル

亜麻の種子から搾油したオイルです。α-リノレン酸を多く含む代表的なオイルで、血液をサラサラにする為、心疾患や脳卒中などの血管病予防に効果があります。女性ホルモンに似た働きをするファイトケミカルの「リグナン」により、更年期の症状やPMS(月経前症候群)の効果に期待できます。女性特有のがんや腫瘍、前立腺肥大症などの予防にも。
加熱不可で冷蔵保存が必要なデリケートなオイルですが、フレッシュなその味はとても魅力的です。葉野菜・温野菜・スープ・ヨーグルトにも合う「かけるだけオイル」なので
手軽に食生活に取り入れられます。継続してお使いいただけると、アレルギー緩和などの分かりやすい効果も感じられたり、血中酸素がスムーズに流れることで運動効率が良くなり、疲労度が軽くなったりするということでアスリートにも人気のオイルです。

oil&beyondでは品質管理重視のため、極めてデリケートな亜麻仁オイルは店頭販売のみとさせていただいております。同じオメガ3系のオイルとして、エゴマオイル・カメリナオイルの通信販売は行っておりますので、オメガ3系のオイルにご興味がある方は、こちらをお試しください。よろしければ店頭でお待ちしております。